MENU

過払い発生の可能性の高い2つの条件とは?

真面目に返済をして、長い期間が経過しているけれども借金がなくならないという悩みを抱えている人はいませんか?そのような人の中には、もしかすると過払い金が発生している可能性があるかもしれません。利息制限法という法律があって、10万円未満で年利20%、100万円未満で18%、それ以上で15%の上限金利が設定されています。しかし業者の中にはこの上限金利を超える金利設定をしていて、本来支払う必要のないお金を貸金業者に支払っているのが過払いです。

 

あずさ法務事務所では、この過払い請求の業務を請け負っている司法書士事務所です。あずさ法務事務所では、過払いの発生している可能性の高い2つの条件をホームページで紹介しています。まず借入期間が5〜7年以上経過しているケースです。金額の多少もあるものの、これだけの長期にわたって返済をしてまだ債務が残るのは不自然です。また借入金利が20%を超えているケースも、過払い金の発生している可能性があります。

 

借入金利が20%という違法な金利で貸し付けを行っている貸金業者があるのかと思う人もいるでしょう。しかし利息制限法の運用は一昔前までは、比較的緩やかでした。このため、グレーゾーン金利といって、20%を超える金利で貸し付けを行っていた大手の消費者金融も多かったです。

 

ちなみにすでに返済し終わっている借金問題でも過払いが発生しているのであれば、返還請求は可能です。あずさ法務事務所に相談すれば、無料で金利の引き直し計算を行い、過払いの有無、ある場合にはどの程度の過払い金が発生しているかを調べてくれます。すでに返済の終了している人は、完済後10年を経過すると時効になってしまうので早めに相談すべきです。

もう一人で悩まなくても大丈夫

もう一人で悩まなくても大丈夫


もう一人で悩まなくても大丈夫

もう一人で悩まなくても大丈夫